BMX日本代表監督が語る東京五輪への戦略とBMXの持つ可能性 #01

東京五輪から正式種目となった自転車BMXフリースタイル・パーク。19年W杯総合優勝し日本BMXの期待を背負い出場した中村輪夢(なかむら・りむ)、18年のW杯で日本人初優勝を果たした大池水杜(おおいけ・みなと)などを揃えたメンバーで臨んだ東京五輪。惜しくもメダルには届かなかったが、果敢に世界に挑んだ姿は多くの人に感動を与えた。岡山市を拠点に活動するBMX日本代表監督、出口氏が東京五輪の振り返りや今後のBMXが持つ可能性を語った。(全2部構成の前編#02で後編に続く)後編は2月17日公開

【目次】

  • 過去のスポーツとの出会い

  • 選手時代のキャリアについて

  • 指導者キャリアの始まりについて

  • 指導する上で心掛けている事とは

  • 中村輪夢選手・大池水杜選手について

  • 東京2020開催直前の秘話

  • 東京2020へ向けた準備について

  • 東京2020本番を迎えて

本編動画・全ての記事は有料会員登録後に閲覧可能です。


7日間の無料トライアルを試す

COMMENT

内容をご確認の上、送信してください。

関連記事