“今まで教わったことはない” 格闘家・青木真也が語る競技人生【前編】

シンガポールで行われるアジア最大級の格闘技団体『ONEチャンピオンシップ』に参戦が決まった格闘家、青木真也。10年以上格闘技の世界で活躍を続けてきたトップアスリートとしてのメソッドを独自インタビューにて語ってもらった。格闘技ファンのみならず、全てのアスリートやスポーツファンに送る、伝説を残しつづける狂犬青木劇場がここに。(全2部構成の前編#02で後編に続く)

【目次】

  • 一日のルーティーン

  • 過去に戻れるとしたら

  • 学生時代について

  • セカンドキャリアについて

  • 指導者の体罰ついて

  • 海外と日本の違いについて

  • スポーツを始めたきっかけ

  • 過去について

  • 一番記憶に残っている試合

  • 格闘技業界の課題について

  • スポーツ選手への誹謗中傷ついて

  • ファンと選手のあるべき関係とは

  • 競技力を伸ばす方法ついて

  • マルチスポーツの考え方について

青木 真也(あおき しんや)

1983年5月9日生まれ。静岡県出身。小学生の頃から柔道を始め、2002年に全日本ジュニア強化選手に選抜される。早稲田大学在学中に、柔道から総合格闘技に転身。大学卒業後に静岡県警に就職するが、2カ月で退職して再び総合格闘家に復帰。「DREAM」「ONE FC」で世界ライト級王者に輝く。3⽉26⽇(⼟)にアジア最⼤級の格闘技団体ONE Championshipがシンガポール・インドアスタジアムで開催するONE10周年記念⼤会『ONE X』に出場が決まっている。

本編動画・全ての記事は有料会員登録後に閲覧可能です。


7日間の無料トライアルを試す

COMMENT

内容をご確認の上、送信してください。

関連記事