“どん底からでも気合いさえあればいける” 格闘家・若松佑弥の人生のメソッド(後編)

アジア最大規模の格闘技イベント「ONE Championship」3月26日(金)にシンガポール・インドアスタジアムにて開催される10周年イベント「ONE X」で、MMAフライ級王者・アドリアーノ・モラエスに挑戦する若松佑弥。日本を代表して戦う若松が語る海外挑戦の意義とは。夢に突き進む人達全てに送る、挑戦者のメソッドがここに。(全2部構成の後編#02)

【目次】

  • 格闘技をする目的

  • 挑戦するうえで大切な事

  • 自分と向き合う事で見えてくるものとは

  • 海外で戦うメリット

  • 挑戦している人へ

  • 勝つ為に大切な事

  • 自身にとって格闘技とは

若松佑弥(わかまつ・ゆうや)

鹿児島県出身。10代でボクシングのトレーニングを始め、18歳の時にプロ格闘家の夢を追求するため、東京に上京し2年後にプロとしてデビューを果たす。現在はアジア最大級の格闘技団体『ONEチャンピオンシップ』と契約し、3月26日(金)にシンガポール・インドアスタジアムにて開催される格闘技イベント『ONE X』のMMAフライ級タイトルマッチにて、王者アドリアーノ・モラエス(ブラジル)に挑戦する。世界の舞台で戦う日本総合格闘技の期待のホープとして注目を集めている。(全2部構成の後編#02)

本編動画・全ての記事は有料会員登録後に閲覧可能です。


7日間の無料トライアルを試す

COMMENT

内容をご確認の上、送信してください。