浅倉カンナ“ベルトを獲るまでは諦めない”勝利のメソッド(後編)

女性アスリートの活躍が目覚ましい日本スポーツ界。様々なジャンルのスポーツで私たちに感動と新たな可能性を示し続ける女性アスリートの中で格闘技界で人気・実力共に抜群の存在感を示す総合格闘家・浅倉カンナ。4月17日に試合を控えるトップ女性アスリート・浅倉カンナ選手の知られざる苦悩の過去から勝利に導く為のメソッドが語られる。(全2部構成の後編#02)

【目次】

  • 格闘技業界の抱える課題とは

  • 育成年代のトレーニングについて

  • 総合格闘技に活かせるスポーツとは

  • 自身が幼少期に戻れるなら

  • 自身の幼少期の教育について

  • 自分の子供に習わせたい事とは

  • 女性格闘家のメリットとは

  • 女性格闘家のデメリットとは

  • 人生の恩師

  • 努力とは

  • 勝つ為に大切なこと

  • 今後の目標について

  • 自身にとって総合格闘技とは

浅倉カンナ(アサクラ・カンナ)

千葉県出身。パラエストラ松戸所属。幼少の頃からレスリングを始め、総合格闘技の道に進む。2014年17歳でプロデビューし、16年には格闘技イベント『RIZIN』に参戦。RIZIN2017女子スーパーアトム級トーナメントで優勝するなど、人気・実力共に日本トップクラスを誇る女性アスリート。2022年4月17日に武蔵野の森総合スポーツプラザで行われる格闘技イベント『RIZIN.35』第2代修斗女子世界スーパーアトム級王者のSARAMIとの対戦が決定している。

本編動画・全ての記事は有料会員登録後に閲覧可能です。


7日間の無料トライアルを試す

COMMENT

内容をご確認の上、送信してください。

関連記事