「本当に野球をやめようと思った」横浜DeNAベイスターズ・山﨑康晃が語る野球人生【前編】

少年時代に野球と出会い、憧れの森本稀哲(もりもと・ひちょり)選手の背中を見て入学した名門・帝京高校での挫折を経験した。その後、大学時代にもう一度プロの世界を目指すきっかけとなったターニングポイントとは。日本を代表するクローザー・山﨑選手が、数々の壁を乗り越えてきた強さの秘訣に迫る。(全2部構成の前編。後編はこちら

【目次】

  • 野球との出会い

  • 少年時代

  • 本格的にプロを目指したきっかけ

  • 学生時代のターニングポイント

山﨑 康晃(やまさき・やすあき)

東京都荒川区出身。帝京高校、亜細亜大学を経て、2014年秋にドラフト1位で横浜DeNAベイスターズに入団。2015年、新人選手ながら開幕からクローザーとして活躍、年間37セーブをあげ、NPBの新人最多セーブ記録を更新。2016年にはチーム史上初のクライマックス・シリーズ進出、2017年にはチーム19年ぶりとなる日本シリーズ出場に貢献。3年間でNPB史上初「新人1年目から3年連続シーズン20セーブ」の記録を樹立。

本編動画・全ての記事は有料会員登録後に閲覧可能です。


7日間の無料トライアルを試す

COMMENT

内容をご確認の上、送信してください。

関連記事