“日本を代表するショートになる” 広島カープ・小園が挑む「夢の舞台」

現在、打率2.68に加え、5月度、7月月度は月間打率3割超えをマークするなど、攻守で輝かしい好成績を残している広島カープ ショートの要・小園海斗。8月にはコロナウィルス感染によりチームを離れていたものの、カープの二遊間を担う正ショートとして、大きな期待がかかる。プロ4年目を迎えた小園が語った「夢の舞台」とは。

【目次】

  • 野球との出会い

  • 周りと差をつけた練習方法

  • プロ時代に最も大きな試練とは

  • 試練の乗り越え方

  • キャリアを築くうえで大切だった事

  • 試合での戦略・準備について

  • 最も印象に残る出来事

  • 守備の練習方法について

  • 今季の成績について

  • 夢を叶える為に必要な努力とは

  • 若い世代へのメッセージ

  • 今後の目標について

小園海斗(こぞの・かいと)

2000年6月7日生まれ。兵庫県出身。 178cm・85kg / 右投左打 / 内野手 報徳学園高 – 広島 (2018年ドラフト1位)報徳学園では1年春からベンチ入りし、2度の甲子園出場を果たす。2018年ドラフト1位で広島に入団。1年目から58試合の出場しており、現在も一軍で活躍の場を広げている。

本編動画・全ての記事は有料会員登録後に閲覧可能です。


7日間の無料トライアルを試す

COMMENT

内容をご確認の上、送信してください。

関連記事