「どれだけ多くのものを犠牲にできるか」扇久保博正の格闘技への想いとは(後編)

さいたまスーパーアリーナにて開催された格闘技イベント「超RIZIN/RIZIN.38」(9月25日・さいたまスーパーアリーナ)で、キム・スーチョル(韓国/ROAD GYM WONJU MMA)に惜しくも判定負けとなった扇久保博正(パラエストラ松戸)試合では3Rに扇久保の起死回生のギロチンチョークで勝利目前の場面は格闘技ファンなら誰もが熱くなったはず。今大会の試合までどの様に格闘技と向き合ってきたのか自身の哲学をインタビューで振り返る。(全2部構成の前編。前編はこちら

【目次】

日本が変えるべき練習の仕方

格闘技に活きるトレーニング

ラスベガスで目撃した衝撃

努力とは

勝つ為に最も必要な事

自身にとって格闘技とは

扇久保博正(おうぎくぼ・ひろまさ)

総合格闘家。 岩手県久慈市出身。 パラエストラ松戸所属。 元修斗世界フライ級王者。RIZIN JAPAN GP2021バンタム級トーナメント決勝で朝倉海(トライフォース赤坂)を破り、優勝を飾った。

本編動画・全ての記事は有料会員登録後に閲覧可能です。


7日間の無料トライアルを試す

COMMENT

内容をご確認の上、送信してください。

関連記事