「準備を失敗する事は、失敗を準備する事」 花園ラグビー優勝監督が語る勝利の哲学(前編)

第101回全国高等学校ラグビーフットボール大会で、4大会ぶり6度目の花園制覇を達成した東海大学付属大阪仰星・湯浅監督。選手として、そして4度(第93、95、97、101回)監督として花園を制した名将が指導者としての障壁・乗り越え方法を語るリーダー必見の勝利の哲学。(全2部構成の前編#02で後編に続く)後編は5月10日公開

【本編内容】

  • ラグビーとの出会いについて

  • 学生時代のキャリアについて

  • 最も記憶に残る出来事とは

  • 指導者キャリアについて

  • キャリアでの障壁について

  • 障壁の乗り越え方

  • スポーツをする上で最も大切な事とは

  • ラグビーとビジネスの共通点

  • 花園全国高校ラグビー2022優勝後の感想

湯浅大智(ゆあさ・だいち)

大阪市生まれ。中1からラグビーを始め99年度大会の東海大仰星(当時)初優勝時フランカー、主将。東海大卒業後、母校で9年間コーチを務め、2013年春から監督に就任し、花園に8大会出場。4度の優勝を果たす。

本編動画・全ての記事は有料会員登録後に閲覧可能です。


7日間の無料トライアルを試す

COMMENT

内容をご確認の上、送信してください。

関連記事